$Recycle.Binってなんなの? 無駄に容量を食っている謎のファイルの正体に迫る

未分類

パソコンの容量がいっぱいいっぱい! できる限り無駄なものは消したい!

そういう事、ありますよね。

 

そんな時に出現する「$Recycle.Bin」。

その正体を解き明かすべく、我々はパソコンの奥地へ向かった……。

 

どうも、ひきこもりたいともです。

ひきこもりに近づけば近づくほど、HDDの中身は増えていきます。僕は主にゲームの録画データ。

 

そんな時、DiskInfoという、パソコンのHDD内に入っているなんのデータ(ファイル、フォルダ)がどのくらいの容量を占めているか確認できるフリーソフトがあります。

この素晴らしいソフトを紹介するだけで1記事書けそうですが、ソフト自体は正直開けばわかる程度のものなので、書くことがありません。(操作説明とかが、ね。簡単に使えすぎて、使えば使えるというレベル)

ただ、操作方法はまぁ良いとして……

$Recycle.Binってなんなの?

DiskInfoを使ってファイルを整理していたら、数十ギガに及ぶ「$Recycle.Bin」というフォルダを発見。

「邪魔くさすぎて消したいけど、消してパソコンに問題が出たらだるいし……」と調べると、正体が判明。

 

ようするにゴミ箱の中に残っているデータでした。

 

windowsはゴミ箱の中にファイルを捨てても、ゴミ箱を空にするまではもとに戻せる機能がついています。

逆に言うと、元に戻すためのファイルがPCの中に存在しているわけで、それがあるのが「$Recycle.Bin」というファイルだったわけですね。

$Recycle.Binって消していいの?

上記の通り、ゴミ箱の中に残っている残存データなので、ゴミ箱の中に消してもいい物しかなければ消していいです。

結局ゴミ箱を空にするのとイコールの動作なので。

 

逆にあまりないとは思いますが、ゴミ箱はあくまでも本当に消すまでの一時保管所で、ゴミ箱の中の物を元に戻すかもしれない、というような方は「$Recycle.Bin」を消してしまうと元に戻せなくなるので、注意が必要です。

 

まとめ

瓶はリサイクル!(ギャグ)

 

あまりにもまとめる内容が無くて、思わずギャグを言ってしまうレベル。

結構ゲームの動画を取ってたりすると、すぐにHDDがいっぱいになってしまうので、定期的に整理をしていきたいですね。

 

コメント