東方projectで人気の原曲。原作で人気の名曲10曲紹介。

東方Project

どうも、東方原曲厨のひきこもりたいともです。

人生において東方の原曲を聞いた時間が、東方厨の中でもトップ5%に入っている自信があります。

東方と出会って12……13……年?…………(人生の速さに打ちひしがれている)…………

…………ま、まぁ、そんな感じですが、1日10分、12年聞いたと仮定して43800分もの時間を東方に費やしていることになります。

 

そんな僕が東方の人気の名曲をまとめていきます。

「人気」の定義は「東方人気投票第15回、約530曲のうち、上位5%=約30曲とします。

 

その30曲は

こんな感じ。

 

 

今回の記事はいつも以上に好きをぶちこみます。

 

人類はひきこもりたい東方厨のこのアツさとキモさに耐えられるのか!?

次回! 人類、死す! デュエルスタンバイ!

 

東方で人気の原曲、名曲10曲紹介

竹取飛翔 ~ Lunatic Princess

美しきピアノ、熱いZUNペット。そしてレトロSTGオマージュ(ゼビウス)と、神主の根っこが垣間見れる名曲。

鼻歌でふんふんふーん、ふーん、ふーんふふん♪ と思わず歌いたくなるような気持ちいいイントロで、聞いた瞬間からトリコになる。

イントロが終わったあとからの空を突き抜けるようなZUNペット(ZUN氏曲から頻出するトランペット音源)が、目頭を熱くする。

 

えーりんえーりん、って言って、今の東方厨に通じるのかは不明だけど、きっと曲は有名。

 

少女綺想曲 ~ Dream Battle

みょ~~~~ん    パァン!(イントロ)。Dream Battleなのに、目が覚めたようなSEからメロディが始まるのが素敵。

東方厨の中で通称「発狂ピアノ」と呼ばれる、高速で音がばらまかれるピアノ音がある。まさにこの曲のピアノはそれにあたる。

元気に跳ねるようなピアノなのに、儚い美しさも兼ねそろえた名曲。

 

さらに語る。

この曲、ご存知の方も多いかとは思いますが(永夜抄の曲コメントにあるし)、アレンジです。

旧作である東方4作目の「東方幻想郷」に「少女綺想曲 Capriccio」という曲があるのですが、そのアレンジ。

 

原題からもわかる通りではありますが、綺想曲=カプリッチョ(音楽ジャンルのひとつ……「型にとらわれない」というジャンル)

カプリッチョ=イタリア語で「気まぐれ」の意味。

つまりタイトルは「気まぐれ少女の曲」。より音楽的なジャンルから言い換えるなら「型にとらわれない少女」

じゃあそれは誰だ? もちろん霊夢の事です。

 

霊夢の「空を飛ぶ程度の能力」もただ単に「空を飛ぶ」という意味に収まらず「型にはまらない」

 

そしてそして「Dream Battle」という副題も良い。

今まで主人公だった霊夢との戦いがまさに「夢の戦い」だ。

……と同時に、この曲が出ている「永夜抄」は2つのルートに分かれた作品で、ゲームのいずれかのルートを「正史」とするなら、必然的にもう片方は「正史ではない」、つまり「夢」である。

霊夢は東方作品における無二の主人公であるとすると、霊夢と戦うルートは正史にはならないつまり夢の戦い。「Dream Battle」とは、このことを指しているのではないだろうか。

 

という、深みのあるタイトル、好き。

 

メイガスナイト

初めて聞いた時東方の曲じゃないと思った(良い意味で)。「コーン」という特徴的なリズムが耳に残る。

まずこの重たいギターがイントロの曲がほとんどないし、本格的なエレキギター音源でジャカジャカしてる曲も珍しい。アンマリ、ナイト。(激ウマギャグ)

クールで、ダークで、スピード感があり強大な魔(原作の妖精達にとって)をまさに表現した名曲。

 

ところで魔女たちの舞踏会のアレンジって嘘やろ。

 

ピュアヒューリーズ ~ 心の在処

「心、此処に在り」と実在を思わず感じる圧倒的衝撃。

神主お得意の突き抜けるようなZUNペットは宇宙でも健在。

圧倒的な力強さと、人類に対する機械のような心の無機質さ、そして静かの海を弾幕の輝きで彩る華やかさ、何よりキャラクターの荘厳さが存分に表れた名曲。(ほかの6ボスが軽いみたいな言い方はやめろォ)

 

この曲はなぁ、故郷の星が映る海からの流れが素晴らしいんだよなぁ。

東方紺珠伝、絶賛Steamで配信中! みんなもプレイしような!

Touhou Kanjuden ~ Legacy of Lunatic Kingdom. on Steam
月の都から敵が攻めてきた! その弾幕が過去最狂難易度を誇るのは当然だろう? ピュアーでルナティックなシューティング幻想!

東方厨の色眼鏡無しでも、何度もリトライするIWBTG方式なので、非常にプレイしやすい名作です。

 

 

デザイアドライブ

東方曲には珍しい、ドラムがメインのイントロで心をぐっっっっっッツと鷲掴みにされる。

さわやかでスピード感と浮遊感のある不思議な曲。自由落下感あるよね。

どうしてもボス曲と比較すると軽視されがちな道中曲だけど、人気なのも頷ける名曲。

 

さらに語る

洞窟と言えば、「暗闇の風穴」も洞窟を飛んでいる時の曲なんだけど、それと通じる部分がある。

身体を撫でる、しっとりとした、冷たい風を感じる。感じない? 僕は感じちゃう!

音にかかっているエコーが洞窟内部の音の反響を想起させるんだろうか。

神主の洞窟表現力の高さは半端じゃねえぜ!だてに「洞窟いいね」とか言ってないぜ。

 

あと霊界トランスverがインベーダーガールみあるんだけど、共感を得られたことがない。

 

秘神マターラ ~ Hidden Star in All Seasons.

ゴリゴリのエレキギター音源と、シャレオツなピアノと、パキパキのドラム音と、クッソ熱いサビのトランペット+サックス(?)の組み合わせで、最近の東方と昔の東方が融合された完成度の高い名曲。サビが最高すぎる。最高すぎるんだよな。

サビまでのタメが長く解放感を強く感じるし、サビのメロディの熱さの中に眠る切なさで、涙が出て弾幕が避けられない。

 

EXボスなのに6ボス感あるのも面白いよな。この作品は、EXが6ボスまでと密接にかかわっているので、是非とも原作東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.をプレイしようね!

 

感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind

しょっぱなから響き続けるZUNペットの力強さが最高なんじゃ!!! ベースが楽し気なのも地味に好き。

ZUNペットが熱い名曲5選! を作るとすると、間違いなく入る名曲。

東方曲初心者にも、シンプルでオススメしやすくかつ東方らしさをいっぺんに味わえる。

 

感情の摩天楼という曲名もシャレてんだよなぁ。

 

 

千年幻想郷 ~ History of the Moon

東方原曲トップ3を決めるとしたら、ここからの3曲です。

ゾワゾワと盛り上がるイントロ、美しいピアノの音。

そこからはじまる、歴史や宇宙を感じるメロディ。温かさや優しさを感じるZUNペット。

何千回聞いても、魅力が衰えない名曲です。

 

大サビのZUNペット高音が耳に突き刺さるあたりから、酔っ払いが作った自由にかき鳴らしているようなピアノも最高ですね。最近の神主はあまりこれがなくて寂しいんじゃ。

この曲はオールフレーズ100点満点。以下二曲は個人的な好みでこの曲よりも好きですが、曲としての完成度は多分こっちのが上。

 

上海紅茶館 ~ Chinese Tea

何回聞いても涙が出て来る。

「東方とかキモオタがはしゃいでるだけのコンテンツだろwwww」と思いながら紅魔郷の体験版をプレイして、この曲を聞いて涙した上で今は立派な東方厨になるくらいの衝撃を受けた曲。

同じフレーズの繰り返しで少しずつ盛り上げる手法は東方曲で結構な頻度で使われますが、それの際たる例と言えます。

東方曲は良いメロディを何度も聞かせるので、非常に覚えやすく耳に残るんですよね。

 

ゲームをプレイして演出をみたのもありますが、まるで夕焼けのような紅色を強く感じる曲。

神主曲らしい美しく儚いピアノと、熱く熱く熱いトランペット音源が、まさに「東方らしさ」を演出する。

 

原作である東方紅魔郷版も好きですし、この曲を聞いたら必然的に東方厨になるほどの名曲ですが、夢違科学世紀版の美しさで、さらに名曲と化しています。

紅魔郷版を100点とすると、夢違科学世紀版は110点です。

 

月まで届け、不死の煙

何回聞いても涙が出て来る。東方にしては珍しい、闇と、儚さと、とびっきりの寂しさを感じる名曲。

 

「東方とかキモオタがはしゃいでいるだけのコンテンツだろwwwww」と思いながら、曲が良いと聞いていたので「東方 原曲」みたいな感じでたしかググったら、一番最初に耳にした曲。

あまり音楽を聴いて泣いたことが無かったあの当時、わけもわからず涙が出たことに、逆にびっくりした記憶があります。今となっては泣かないことのほうが珍しくなっているので、びっくりもしなくなりましたが。

 

何度もメロディ繰り返す系の名曲筆頭。ピアノ音源は美しいものの、どこか寂しさや儚さを覚えます。

サビのZUNペットと低音は燃え上がるような炎を想起させますし、繰り返すメロディ、メロディボックス(響くピアノに若干似た音源。間奏で使われてるやつ)の音は、再生と輪廻、そして永遠という闇を感じます。

 

不死人としてフェニックスを連想させる弾幕を使う妹紅というキャラクターのテーマ曲としてもぴったりですし、キャラクター性を取り除いても、曲単体で泣ける、名曲。

 

さらに語る

曲名に「、」が入ってるの、オメガ好き。

タイトルの「月まで届け、不死の煙」も、原作(竹取物語)のストーリーを踏襲しているようで、高い山で不死の薬を燃やしたところから(不死の山=不死山=富士山)煙が立ち上り、それが月(かぐや姫)に届くようにという思いを込めている……というストーリーからつけられているのもシャレてんだよな。

 

ただ、東方における「不死薬」は妹紅に奪われている。

そして、だからこそ「月まで届け、不死の煙」の曲名が、深いものになっている。

この永夜抄を取り巻くストーリーもね、最高なんですよね。

ここからは東方厨になったあるいはなっている君の目で直接確かめてみよう!(ファミ通の攻略本風)

 

以下惜しくも10位から漏れたものの、涙ちょちょぎれる程度には好きな曲たち

ネイティブフェイス

ラストリモート

輝く針の小人族

信仰は儚き人間の為に

幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life

砕月

 

ここらへんも超絶名曲なので、いずれなんらかの機会に感想とか書いていきたいよなぁ。

今回は東方曲初心者にそう何十曲も聞かせると負担が大きいと思ったので、敢えて10曲としぼりました。

 

まとめとウラバナシ

以上で、原作で人気の名曲10選まとめです。

是非東方原作を大人買いして全曲きこう!

 

いや、ほんと、言ってしまうとYoutubeとかでも聞けるけど、ゲームと融合して初めて完成するからね。

ゲームの思い出があることによりさらに泣けるってやつなんですわ。

 

 

 

ウラバナシ

実はこの記事、これから「東方Project原曲、隠れた名作」と書いて、マイナー曲を推すマウント大好きキモオタの権化のような記事を書くための踏み台として書かれた記事です。

ミンナニ ナイショダヨ

 

コメント