東方靈異伝+幺樂団の歴史5から名曲3選とアレンジ紹介

東方Project

東方プロジェクト記念すべき第一作靈異伝。

今の東方とはいろいろな意味でだいぶ違う(そりゃまあ四半世紀近く経過してりゃね)んだけど、名曲を作る機械としての神主の実力は、完全にこのころから開花しています。

そんな記念すべき一作目の東方靈異伝(と幺樂団の歴史5)から個人的名曲を、3曲紹介します! あとその良アレンジも紹介する!

 

風の神社

知名度ナイツオブナイツ。幺樂団の歴史にも収録されていない、まさに歴史から抹消された名曲。純和風で楽しげな気分になれる。

アレンジはずんちゃっずんちゃっっていうピアノがノレる。

ところで奇々怪々みない?

 

テーマ・オブ・イースタンストーリー

東方厨はあの「いつものフレーズ」を聞くだけで血圧が上がり全身に鳥肌が立ち涙を流す。これってトリビアになりませんか?

幺樂団の歴史の歴史5にのみ収録された、隠れた名曲。神主は名曲を隠したがる(偏見)。

遠く響くイントロから、希望あるエンディングっぽいaメロ、そしてまた繰り返されるいつものフレーズと盛り上がってくるメロディ。

fm音源(旧作で使われてる音)は明らかに得意不得意が別れる音だが、こと「寂しさ」に関しては間違いなく素晴らしい表現をできる音だ。

そして、その寂しさを上手く使ってる例がこの曲だ。

 

アレンジのピアノと、旧作音源っぽい音の組み合わせだけで泣ける。

良アレンジ。

 

永遠の巫女

暗い。だが心をうつ名曲だ。

分かりやすいメロディ。体に染み入るベース。

裏メロのセンスはこの時から群を抜いている。サビの裏メロがたまらん。

そしてふっと寂しくなるループ部分。

完成されている。

 

これ、1作目の、所謂一面道中やで!!!!???

既に心をじんわりと蝕む名曲を作る天才の片鱗が見えまくり。

 

アレンジはこちら。素直なメロディラインは口笛に合うんだよなぁ。

 

【おすすめ東方アレンジ】原曲が好きすぎて気が狂った男が好んで聞いている東方アレンジ10選【原曲厨】
原曲のすばらしさに「崇拝」という言葉を使っても過言ではない程度に心酔する程度の能力。 十数年前「月まで届け、不死の煙」をきいて一瞬にして世界のトリコになってから、多分原曲を1000時間近くは聞いているほどに好きです。 そ

他のオススメアレンジはこちら。

 

まとめ

まとめるほどの内容でもありませんでしたが、僕の好きな靈異伝+幺樂団の歴史5から名曲3選でした。

 

幺樂団の歴史5音源の永遠の巫女はマジ最高なので、聞こう。

コメント