スマブラSPの上達方法。初心者でも誰でも必ず実力をつけ強くなる3つの方法。

この記事では、ゲーム(特にスマブラSP)の上達方法を書いていきます。

確実に上達する方法です。

だからこそ当たり前の事しか書きませんが。

千里の道も一歩から。近道はないです。

んじゃ初めて行きましょう。

数をこなす

正直、対戦数を増やす以上の上達方法はないと思います。

スマブラSPはスマブラX、スマブラforの続編と言われています。

つまりどういう事かというと、強い人はスマブラシリーズを2008年からプレイしている可能性があるということです。

今強いあの人たちのyoutubeを見ていたら、さらっと「Xの時は……」「Xの時の……」なーんて、言ってませんか?

実質10年以上このゲームを遊んでいるわけです。

勿論細かい仕様の違いなどがあるので、完全に同じゲームとは言いませんが、SPと似たようなゲームを長時間やっていた人とそうじゃない人どちらが強いかは言うまでもないかと。

 

そんな人にすぐ勝つのは難しいです。

 

もっと言えば

  • スマブラをDXや64の頃からやってる
  • 元々格ゲーをやっていて、対戦ゲームの基本がわかっている

とか「過去の経験」がある人に勝つことがそもそも難しいんですよね。

 

ちなみに僕はというと、DXは2~3000時間くらい、Xは100時間以内、3DSWIIUは合計7000試合くらいです。

が、強い人だと、これらを合計してなお余りある程度に「SPだけ」をやってたりします。さらにさかのぼってforやXもやってりゃそりゃ勝てねえ。

 

意識するポイントなどにもよりますが、人間の基礎性能がそこまで大幅に変わるわけではないので、強い人たちと同じくらいの時間をプレイしなければ、少なくとも近い所にたどり着くのは難しいです。

 

だからこそ少しでも追いつくために、数をこなさなければ始まりません。

特に戦っていて勝率50%を切るくらいに強い人と連戦する。それが身近にいる人なら、なぜ勝てないか直接聞いてみるのが手っ取り早いです。

そうじゃないなら「なぜ勝てないか?」を考え、勝てるように思考と行動を変え続ける。

その思考の足掛かりに、次の項目の「動画を見る」というのが重要です。

 

ちなみに、コントローラーを動かすというのは運動です。

あらゆるテクニックも操作の上に成り立っています。まずはテニスの選手が「ラケットは体の一部」というように、スマブラーは「コントローラーが体の一部」と言えるようになるまで、対戦こなして行きましょう。

全ての動作を無意識に行えるまで触れば、それ以外に思考を割く余裕も生まれます

逆に言うとそのレベルになるまでは、操作練習がてら数をこなさないと話になりません。

 

なにはともあれまずは数をこなすところから。

次の説明にも繋がりますが、リプレイを保存するためにも対戦数は重要です。

動画を見る

今の時代、強い人の動画が簡単に見られるようになりました。小学生の僕に伝えたら、狂喜乱舞します。

 

動画では

  • 敵との距離感
  • 技の振り方
  • コンボ

等、学べることが大量にあるはずです。

 

常に「自分ならこう動かす」と「そのときに動画の人はこうした」を意識して、自分の行動のパターン、相手の行動パターンの引き出しを増やしていきます。これが多い人が強いとも言えます。

特に自分が使いたいキャラの動画は参考になるはず。

極論ですが、世界大会優勝者の動画を見て、全く同じ動きができるのなら、世界大会に優勝できるということです。

 

あと動画のメリットのひとつは、スマホさえあれば空き時間を利用してプレイの引き出しを増やせることです。

ゲームをしているときだけでなく、それ以外の時間もスマブラに費やす。幻覚でスマブラを遊ぶくらいに。

クラピカの鎖理論です。

※画像には悪意はありません。

 

あ、で、リプレイの話を少ししときますが、プレイ中はよっぽど冷静な人じゃないと自分の行動を見直すことは難しいです。

そこでリプレイを保存することで、自分のプレイを客観的に見ることができます。

実際自分のプレイを見ると「なんでここでこうした!?」ってのはあると思うので、それを修正していきましょう。

強キャラ(と言われているキャラ)を使う。

たまに「マリオやカービィ等、基本的なキャラで慣れる」と言う人もいますが、格ゲーにおいては強キャラが基本的なキャラです。

それ基準でゲームは成り立っています。

システムの理解というのにも密接に繋がっていて「そのキャラがなぜ強いか」を考えることは、システムの理解にも繋がり、システムが理解できれば他のキャラにも応用がききます。

ただ、どれだけシステム理解がすすんでも、やはり”ひのきのぼう”では”はがねのつるぎ”には勝てないわけで、強いキャラ(=武器)を使うのが、手っ取り早く強くなる最善の方法です。

強キャラは参考動画も多いはずなので、勉強もしやすいです。

スマブラforの強キャラ3体。

 

ゲームを続けるためには「楽しい」が必要です。

「楽しい」を得る最も簡単な方法は「勝利」だと思ってます。

その「勝利」を得るために一番手っ取り早い方法は「強い武器(キャラ)を使う」ということです。

 

別にそこに引け目を感じる必要はないので、さっさと「スマブラSP,強キャラ」でググってきましょう。

……まぁとは言え、記事を書いた時点(2018-12-14)では、発売から一週間程度でまだ強キャラが固まってないとは思いますが、参考程度にね。

まとめ

数をこなす、動画を見る、強いキャラを使う。

以上三つがだれでも実力をつけ、上達する方法です。

これってよく言う「PDCA」ってやつなんですよね。

P 勝つためのキャラ選び、動画閲覧
D 対戦
C リプレイを見る
A 改善点をどうするか妄想

を繰り返して、上達していく。(ざっくり)

まぁスポーツ同様「停滞期」ってものがあったりするので、順調にずーっと成長ということはないです。

上がって、止まって、上がって、止まって、を繰り返します。

「止」める原因であるただ一つの線取り除けば、「上」達に近づいていくのです(名言っぽく適当なことを言う)。

ま、動画見たり休憩したりして、またプレイ続けていけば、またちょっとずつ強くなっていくってことです。

休憩は大事。

 

雑談

ここまで書いといてなんですが、「最強」を目指すとなると、最終的には適正の話にもなると思います。

ゲームが好きで、強くなることを楽しんでできる人。

じゃないと、上3つができません。

さらに、反射神経、時間、器用さ……

言い訳をしようと思えば、いくらでも出来ます。

そんな中で強くなるってのは、ざっくりした言い方になりますが「適正」も重要です。

「最強」になるには適正が重要です。

 

しかし、「上達」には適正は関係なく、上の三点を実行していくだけです。

ま、楽しんでできるということが最強の適正だと思うので、楽しくスマブラやってる人はそのままでいいんじゃないでしょうか。ぼくはすまぶらたのちい!!!!!

逆につらくなっている人は、別ゲーでもやろうぜ。スマブラオンラインできるなら、スイッチでファミコンのゲームできるはずだから。息抜きも大事。魔界村とかおすすめ(息抜きにならない)。

ちなみに他のゲームもやりたいという人は、僕が書いたおすすめゲームまとめの記事を読んでみて下さい。心の底からオススメのゲームを書いています。

人生のベストゲーム96本。おすすめゲーム、オールタイムベスト
僕の人生はゲーム3:音楽3:漫画3:その他1くらいでできています。 プレイ時間はおおよそ合計で2~3万時間程度。本数にしたら600~700本くらい。 なので、今までプレイした好きなゲームをひたすら上げて行きます。 ちなみに

コメント