インターネットで稼ぐ方法 ブログやYoutubeに人を集めるには?

出鼻をくじくようですが、タイトルの事が簡単にできるなら、既に引きこもって暇つぶし漬けになってます。

つまり、僕自身はブログが話題になってもいなく、インターネットで稼いでもいないです。
ただ、その手法と思われるものがなんとなく頭の中でまとまってきたので、書いてみます。

結論

まず大まかに言うと、「人を集める」ことが金につながります

集め方は本質的に1つ
自分でコンテンツを作る」に集約します。

自分がコンテンツになる、もほぼ同義です。
Youtuberとかブロガーってのは基本的にこっち寄りです。

そのコンテンツがだれかの感情を揺さぶるならば、そこに人は集まりますし、人が集まれば、大なり小なり金は産まれます。

コンテンツに対して金を払われるようになれば、それが一番いいですが、直接的な集金ではなくとも広告で金は生まれるようです。

どちらにせよ、人を集めなければ金は生まれません。

人を集めるにはどうするか?

じゃあ人を集めるにはどうすればいいんじゃ、という当然の疑問が湧きます。

先ほど「コンテンツを作る」と書きましたが、その具体的な方法です。

自分でコンテンツを作れる人なら、作るだけです。amazonを筆頭に、今なら個人で売る方法はたくさんあります。

自分がコンテンツになれるような人であっても、やはりYoutubeあるいはブログで自分を披露するだけです。

最後に自分でコンテンツも作れないし、コンテンツになれない僕のような人は?

何もない人はどうする?

他人の力を借りるのがもっとも簡単でしょう

借りる、という言い方も少し語弊があるかもしれませんが、流行り物に追随、意見するわけです。コバンザメ戦法ですね。

流行りの芸能人の情報をまとめたり、それに意見したり。
流行りの商品を買って、それをレビューしたり。
そういった動きです。

言葉通り流行り物なので、その瞬間は人が来ます。しかしそれの殆どは去ります。

とはいえ、100人集まって1人が残る、を繰り返していけば、いずれ人は集まっていくでしょう。

自分がコンテンツになれず、自分でコンテンツを生み出せない人は、その繰り返し自体をコンテンツにするしかないです。

この記事も一応その一環です。稼ぐ方法がないから、稼ぐために稼ぐ方法をまとめる。素直にコバンザメ。

とはいえ

ただ最終的に僕は「何もせずに無限に引きこもってくらしたい」というのが希望ですし、上記結論のようなものが思い浮かんでも、それを実行せずに鬱々と会社通いを続けているわけです。

流行りを追う気力がなければ、そんなクソダルいことやってられるか、という。
というか仮にやる気が出たとしても、周りの人を見ていると「まねできねぇ素晴らしいものばかり」という感想が先にでてくるので、自分にはハードルが高すぎます。

だからこそ、それができる人が成功するわけです。というわけで、おまえら、がんばれ!
日本を豊かにして、僕のような本当に無気力な人間が何もせずに生きられる世の中にしてくれ!(切実な願い)

余談

影響を受けた人はピピピピピさん底辺さんです。
この記事内容は御二方の思考を吸収し吐き出したものです。

つまり、原文をどうぞ、読んでね。

コメント